京大受験☆応援コラム

京大受験☆応援コラム

受験生向けコラム #21[大学入学共通テスト直前の勉強法]

皆さんこんにちは!
今回の京大受験☆応援コラムは「ケータ」「ろん」の2人がお送りします!テーマは、【大学入学共通テスト直前の勉強法】です。

最近買ったコートが高すぎて金欠気味の「ケータ」【経済学部/1回生/現役】です。

私は12月に入ってから本格的に大学共通テストの勉強を始めました。問題が解けないというよりは、時間内に終わらないという悩みの方が大きかったので、時間配分に気をつけながらとにかく予想問題を解いていました。特に数学と英語は時間内に解き切るのが難しかったです。問題形式に慣れつつ、どのように解いたらもっと早く解答できるか試行錯誤していました。

また、京大文系では社会科目を二次対策で一教科しか勉強しておらず、共通テストで困っている方も多いと思います。私は二次試験では世界史、共通テストのみで地理を選択していました。地理に関しては、一冊説明型の参考書を用意し、ひたすらセンター試験の過去問にチャレンジしては、出題箇所を参考書で確認するという勉強をしていました。

どのような学習をするにせよ、共通テストに関してはセンター試験の過去問や共通テストの予想問題を解いて形式になれることが重要だと思います。

毎日大好きなみかんばかり食べているろん【教育学部/1回生/現役】です。

私は学校の授業や家でセンター試験の過去問・共通テストの予想問題を解いたとき、共通テスト対策模試を受けた後などに、解説を全て読んで問題の正誤にかかわらず自分が覚えられていなかった単語や知識、問題を解く上でのポイントだと思ったところに蛍光ペンで線を引いていました。

その線を引いた解説を残しておいていたので12月下旬頃から問題演習の息抜きがてら、解説に線を引いた部分を見直してその中から重要かつまだ定着させられていない知識などを小さいノートにまとめ直し、隙間時間にパラパラ見ていました。そのおかげで共通テスト直前に細かい知識やポイントを効率的におさえることができただけでなく、自分が一度間違えた問題はほぼ確実に取れるという自信を持つことができました。

どんな方法でも良いですが、間違えたことのある問題をテスト本番で間違えないようにミステイク集をつくっておくのは特に共通テスト対策で有効だと思います。

今回のコラムはここまで!
形式などまだまだわからないことも多い共通テストですが、緊張感は持ちつつも不安になりすぎず、自分が頑張っていることに自信を持って勉強に臨んでください。

——————–

●受験生・新入生応援サイトトップ↓↓

https://www.welcome-kyodai.com/

合格者の生の声が聞ける「合格体験記」、「メルマガバックナンバー」などなど、受験生の皆さんに役立つ情報満載です!

●Twitterもやってます。アカウントはこちら↓

@ku_jusapo2022

——————–

メルマガ運営担当

Mail:jusapo_kyodai@s-coop.net

※メールでのお問合わせへのご回答は日数を頂く場合があります。

受験生向けイベント情報 京大生協の住まい探し
保護者向けイベント情報 京大生協の住まい探し