京大受験☆応援コラム

京大受験☆応援コラム

受験生向けコラム #15[特色入試について]

皆さんこんにちは!

今回の京大受験☆応援コラムは「白林」「ろん」の2人がお送りします!テーマは「特色入試について」です。

どうも、最近圧力鍋を買って自炊やる気高めの白林【工学部・物工/現役】です。

特色入試は学科によってかなり内容が異なりますが、物工の人は書類を提出し終えてセンターや二次の勉強に一層力を入れ始める頃かと思います。もちろんセンター試験で足切りがあるのでそれも意識しないといけないですが、ここからは余計なことを考えずに一般入試に向けた勉強に集中しましょう。ただ、そうは言っても特色入試の合格発表が近づくと一般入試の勉強になかなか身が入らないので、早めに入試対策を完成させておいたほうが良いかもしれません。

そしてもう一つ、もし一般入試を受けることになっても皆さんには自信をもって受けてほしいです。実際僕の友達には、特色も受けたけど一般入試で合格したという人が何人もいるので、特色の結果がどうであれ自分は一般入試で受かるんだという気持ちで勉強してほしいと思います。長くなりましたが皆さんが合格できるよう応援しています。最後まで頑張ってください!

秋の味覚を満喫している「ろん」【教育学部/現役】です。

私が受験した教育学部の特色入試は1次審査で学びの報告書・学びの設計書を提出し、2次審査で筆記課題(小論文など)と口頭試問(面接)があり、それらを通って共通テストで8割以上の点数をとれば合格というものでした。特色入試は「京大のこの学部に絶対に入りたい」という意欲を伝えるための入試だと思っていたので、なぜ他の大学ではなく京大がいいのか・その学部に入って具体的に何を学び、学んだことを活かして将来何をしたいのかをしっかりと伝えられるように、京大の教育学部の特徴・京大でしかできないことをアドミッションポリシーや大学案内、ネット上の情報などを見て考えて、学びの報告書・設計書の作成や面接対策に役立てました。

また私は中学・高校でやってきた活動よりも将来やりたいと思っていることをアピールしたかったので、学びの設計書に書いた「将来やりたいこと」に関わる情報を「この内容に関しては自分よりも知っている人はいないだろう」と自分で思えるくらい調べておきました。そうすることで、面接でその内容について聞かれたときに「これだけいろいろ調べて知っているということは『将来やりたいこと』を本気で実現したいと思っているのだな」と思ってもらえると思います。

試験本番は緊張しますが、緊張するのは当たり前だと割り切って、人生でそう何回も経験することのできない特色入試という機会を楽しもうというくらいの気持ちで受験してほしいです。応援しています!

今回のコラムはここまで!

特色入試を受験する方は、先輩方の体験談を参考にして、自分なりに心境を整理してみてください。次回もお楽しみに!

——————–

●受験生応援ページトップ↓↓

https://www.welcome-kyodai.com/

現役京大生などから回答がもらえる「受験生応援掲示板」、合格者の生の声が聞ける「合格体験記」、「メルマガバックナンバー」などなど、受験生の皆さんに役立つ情報満載です!

●Twitterもやってます。アカウントはこちら↓

@ku_jusapo2022

——————–

メルマガ運営担当

Mail:jusapo_kyodai@s-coop.net

※メールでのお問合わせへのご回答は日数を頂く場合があります。

受験生向けイベント情報 京大生協の住まい探し
保護者向けイベント情報 京大生協の住まい探し